胸を大きくする方法…豊胸・バストアップ・ナビのTOPに戻る
「胸を大きくする方法…豊胸・バストアップ・ナビ」トップ >  ■胸を大きする基礎知識 > 豊胸(バストアップ)材料の移り変わり…シリコンからコヒーシブシリコンまで

豊胸(バストアップ)材料の移り変わり…シリコンからコヒーシブシリコンまで


豊胸(バストアップ)術で使用される材料は、約10年前までは、流動性のシリコンが入ったシリコンバッグが、世界中で使用されていました。
しかしその後、シリコンが体内に漏れ出て、健康の面に悪影響を与えるということを指摘され、一時、使用中止という状態になりました。

その結果、生理的食塩水の入ったバッグが、シリコンバッグに代わるものとして使用されるようになりました。
これは、たとえ内容物が漏れたとしても、安全面で副作用が軽いという点を重視して開発されました。
ところが、中の生理的食塩水が漏れやすかったり、見た目の形状や触り心地が少し不自然であったりすることが、問題になっていました。

そこで、より自然な感触のものに…と研究がすすみ、新しい材料でつくられたハイドロジェルが開発されました。
しかし、欧米では、このハイドロジェルは禁止になっているようです。理由は、安全面に問題があるということです。
また、生理的食塩水のバッグと比べると、切開した傷口が多少大きいようです。

しかし、ハイドロジェルバッグも生理食塩水バッグも、シリコンの感触の良さにはどうしても負けてしまい、シリコンをやはり使用したい、という意見が多かったようです。
そして、その願いを叶えるために研究が進み、コヒーシブシリコンバッグが開発されました。
このコヒーシブシリコンバッグは、体内に漏れ出て浸透してしまう心配がありません。組織に非常に浸透しにくい特質をもっています。、
現在、もっとも人気があるバッグで、このコヒーシブシリコンバッグを豊胸(バストアップ)の手術で希望する人がとても急増しているようです。

関連コンテンツ

豊胸(バストアップ)クリニックの選択…信頼できる医師と施設を選ぶ

タイトル:クリニックの選択…信頼できる医師と施設を選ぶ キーワード:豊胸(バストアップ),クリニック,選択,注意,信頼 豊胸(バストアップ)手術を真剣に考えているのなら、まず第一に信頼できるク・・・

豊胸(バストアップ)後遺症は…しこりや繊維化など

後遺症というものは、豊胸(バストアップ)手術に限ることではなく、どのような手術においてもその可能性はあるものです。 それでは、豊胸(バストアップ)手術の場合は、どのような後遺症が起こるのでしょうか。・・・

豊胸(バストアップ)とストレスの関係…女性ホルモンが働かない

豊胸(バストアップ)マッサージをきちんとやったり、サプリメントをいくら摂取しても、日常生活でリラックスする時間がないと、豊胸(バストアップ)の効果が現れないことがあります。 なぜ、このように、豊胸(・・・

豊胸(バストアップ)とブラジャー…サイズをきちんと合わすこと

ブラジャーを購入するときに、あなたは何を基準として選んでいますか。 下着専門のお店でブラジャーを購入するときは、あなたのサイズを店員さんが測ってくれて、それに合ったものを選んでくれると思います。 ・・・

豊胸(バストアップ)手術の注意点・問題点

豊胸(バストアップ)治療は、現在では、積極的に行われるようになっています。しかし、これまでの歴史においては、豊胸(バストアップ)治療は、副作用や合併症の連続だったようです。 女性の乳房は、体の中でも・・・