胸を大きくする方法…豊胸・バストアップ・ナビのTOPに戻る
「胸を大きくする方法…豊胸・バストアップ・ナビ」トップ >  ■胸を大きくする手術 > プチ豊胸(バストアップ)手術…ヒアルロン酸(SUB-Q)で手軽で簡単

プチ豊胸(バストアップ)手術…ヒアルロン酸(SUB-Q)で手軽で簡単


豊胸(バストアップ)手術には、プチ豊胸(プチ・バストアップ)手術があります。
手軽で簡単にバストアップ(豊胸)を実現する手術です。
この手術は、次のような方におすすめです。

●バストアップ(豊胸)したいけど、手術するのはなんとなく抵抗があるという方。
●入院までしないで気軽にバストアップ(豊胸)を実現したいという方。
●とりあえず左右の胸の差をなくしたいという方。
●出産と授乳が原因で、胸が貧弱なになってしまった方。
●水着姿になる自信がない方。
●旅行や温泉へ出発する前に、とりあえずバストアップ(豊胸)して行きたいという方。

これらの悩みをもった方におすすめです。

プチ豊胸(プチ・バストアップ)手術は、ヒアルロン酸(SUB-Qという)を胸に注入することで、バストアップを実現します。
SUB-Qとは、ムコ多糖類の一種で、人体の細胞や皮膚に存在しているものです。
アレルギーをほとんど起こす心配もなく、体に安全なものといわれています。
また、バストアップ(豊胸)の実現が、SUB-Qを注入してからすぐにできます。

このSUB-Qの特徴は、従来のヒアルロン酸に比べると約10倍大きい粒子を持っているということです。
そのために、体内へ吸収される時間が非常に遅く、バストアップ(豊胸)効果が減りはじめるのが約3年前後とされています。
だから、それまでのヒアルロン酸とくらべても、バストアップ(豊胸)効果をかなり長持ちさせることができるといわれています。

SUB-Qの治療はメスを使わず注射だけなので、10〜20分で終わり、傷跡が残る心配はいりません。
また、痛みを心配することもなく、局所麻酔だけですので、治療後はすぐに帰ることができます。
数ヶ月にわたり少しずつ時間をかけて、徐々にバストアップ(豊胸)していくこともできます。
自由に左右の大きさを調整することもできますので、自分が希望するバストの部分をデザインすることも可能です。

関連コンテンツ

豊胸(バストアップ)手術の種類はヒアルロン酸注入法、人工乳腺法など…

タイトル:豊胸(バストアップ)手術の種類はヒアルロン酸注入法、人工乳腺法など… キーワード:豊胸(バストアップ),象徴,ヒアルロン酸注入法,人工乳腺法,長所短所 バストは女性の象徴です。 そ・・・

人工乳房の種類は…シリコンバッグから生理食塩水バッグまで

豊胸(バストアップ)手術で使用される人工乳房の種類…これは、いろいろあります。 その特徴・性質をそれぞれ紹介します。 「シリコンバッグ」は、世界的に見ても、豊胸(バストアップ)手術で利用されて・・・

豊胸(バストアップ)手術の乳腺下法はナチュラルな胸の仕上がり

豊胸(バストアップ)手術の人工乳腺法には、大胸筋下法と乳腺下法とがあります。 そのうちの乳腺下法とは、豊胸(バストアップ)バッグを乳腺と大胸筋との間に挿入する方法です。つまり、乳腺の下、大胸筋の上に・・・

豊胸(バストアップ)手術での大胸筋下法は自然な仕上がり

豊胸(バストアップ)手術に人工乳腺法というのがあります。このうち、大胸筋下法とは、大胸筋と肋骨との間に豊胸(バストアップ)バッグを挿入するというやり方です。 大胸筋の下、肋骨の上にバッグを入れる形に・・・

光豊胸(光バストアップ)は光エネルギーで安全に豊胸できる

光豊胸(光バストアップ)とは、光を使った豊胸(バストアップ)技術のことです。 豊胸(バストアップ)用バッグなどを一切使用しません。 まったくメスを使わないので、体を傷つけることがなく安全です。 ・・・

人工乳房手術の危険性はカプセル拘縮など…

人工乳房とは、乳房を失ってしまった方(乳がんなどの病気で…)が、再び乳房を手に入れるために使用されるものです。 しかし、完全に安全だとは言えません。 それでは、人工乳房はどんな危険性があるのでしょ・・・

豊胸(バストアップ)手術の体験談

豊胸(バストアップ)手術の体験談…「良かった」人と、「悪かった」人の体験談を紹介します。 まず、バッグ法(*注)で豊胸(バストアップ)手術をして、満足な結果が得られた人の体験談です。 この・・・

共立美容外科の豊胸(バストアップ)手術

「共立美容外科」…ある調査で、お勧めの美容外科医院ランキング1位に選ばれたのは、この「共立美容外科」だそうです。 それでは、この「共立美容外科」医院の豊胸(バストアップ)術が、1位に選ばれた理由を紹・・・