胸を大きくする方法…豊胸・バストアップ・ナビのTOPに戻る
「胸を大きくする方法…豊胸・バストアップ・ナビ」トップ >  ■胸を大きくする手術 > 人工乳房の種類は…シリコンバッグから生理食塩水バッグまで

人工乳房の種類は…シリコンバッグから生理食塩水バッグまで


豊胸(バストアップ)手術で使用される人工乳房の種類…これは、いろいろあります。
その特徴・性質をそれぞれ紹介します。

「シリコンバッグ」は、世界的に見ても、豊胸(バストアップ)手術で利用されているバッグでは最も古いものです。
シリコンバッグの中には、液状のシリコンジェルというものが入っています。
感触は、とても柔らかくて自然なのですが、バッグが破損した時に、内容物が体内に漏れ出してしまう危険性があります。
そのため、FDA(アメリカの厚生省にあたる)は、1992年にシリコンバッグの使用中止を要請しました。
しかし、心配されていた因果関係(乳がんや自己免疫疾患など)は否定されて、現在でもヨーロッパでは、頻繁に使用されているようです。

「コピーシブシリコンバッグ」は、このシリコンバッグを改良したものです。
コヒーシブシリコンとは、グミのような液漏れしないシリコンです。
以前は、柔軟性があまりなく問題となっていましたが、今では改良がすすみ非常に柔らかいものになりました。
現在では、最も多く利用されている人工乳房バッグのようです。

「生理食塩水」を入れた人工乳房バッグも利用されています。
生理食塩水の長所は、安全です。万一、体内に漏れ出してしまっても、深刻となる副作用が出にくくなり安全だということです。
また、手術の際にバッグを挿入するための切開が小さくてすみ、傷が目立ちません。
また、できるだけバストの大きさを調整できることも、利点のひとつです。
ただし短所もみられます。
バッグの形状が不安定になったり、飛行機などで気圧が低くなるとバッグが膨らんでしまったりする場合があります。

このほか、触った感触がもっとも本物の乳房に近いといわれる、CMC(カルボキシメチルセルロース)バッグがあります。
ところが、アメリカのFDAやフランスで、その内容物が漏れ出た時の副作用について問題視されていて、安全性が明確には認められていないようです。

関連コンテンツ

豊胸(バストアップ)手術の種類はヒアルロン酸注入法、人工乳腺法など…

タイトル:豊胸(バストアップ)手術の種類はヒアルロン酸注入法、人工乳腺法など… キーワード:豊胸(バストアップ),象徴,ヒアルロン酸注入法,人工乳腺法,長所短所 バストは女性の象徴です。 そ・・・

プチ豊胸(バストアップ)手術…ヒアルロン酸(SUB-Q)で手軽で簡単

豊胸(バストアップ)手術には、プチ豊胸(プチ・バストアップ)手術があります。 手軽で簡単にバストアップ(豊胸)を実現する手術です。 この手術は、次のような方におすすめです。 ●バストアップ(・・・

豊胸(バストアップ)手術の乳腺下法はナチュラルな胸の仕上がり

豊胸(バストアップ)手術の人工乳腺法には、大胸筋下法と乳腺下法とがあります。 そのうちの乳腺下法とは、豊胸(バストアップ)バッグを乳腺と大胸筋との間に挿入する方法です。つまり、乳腺の下、大胸筋の上に・・・

豊胸(バストアップ)手術での大胸筋下法は自然な仕上がり

豊胸(バストアップ)手術に人工乳腺法というのがあります。このうち、大胸筋下法とは、大胸筋と肋骨との間に豊胸(バストアップ)バッグを挿入するというやり方です。 大胸筋の下、肋骨の上にバッグを入れる形に・・・

光豊胸(光バストアップ)は光エネルギーで安全に豊胸できる

光豊胸(光バストアップ)とは、光を使った豊胸(バストアップ)技術のことです。 豊胸(バストアップ)用バッグなどを一切使用しません。 まったくメスを使わないので、体を傷つけることがなく安全です。 ・・・

人工乳房手術の危険性はカプセル拘縮など…

人工乳房とは、乳房を失ってしまった方(乳がんなどの病気で…)が、再び乳房を手に入れるために使用されるものです。 しかし、完全に安全だとは言えません。 それでは、人工乳房はどんな危険性があるのでしょ・・・

豊胸(バストアップ)手術の体験談

豊胸(バストアップ)手術の体験談…「良かった」人と、「悪かった」人の体験談を紹介します。 まず、バッグ法(*注)で豊胸(バストアップ)手術をして、満足な結果が得られた人の体験談です。 この・・・

共立美容外科の豊胸(バストアップ)手術

「共立美容外科」…ある調査で、お勧めの美容外科医院ランキング1位に選ばれたのは、この「共立美容外科」だそうです。 それでは、この「共立美容外科」医院の豊胸(バストアップ)術が、1位に選ばれた理由を紹・・・