胸を大きくする方法…豊胸・バストアップ・ナビのTOPに戻る
「胸を大きくする方法…豊胸・バストアップ・ナビ」トップ >  ■胸を大きくする手術 > 豊胸(バストアップ)手術の乳腺下法はナチュラルな胸の仕上がり

豊胸(バストアップ)手術の乳腺下法はナチュラルな胸の仕上がり


豊胸(バストアップ)手術の人工乳腺法には、大胸筋下法と乳腺下法とがあります。
そのうちの乳腺下法とは、豊胸(バストアップ)バッグを乳腺と大胸筋との間に挿入する方法です。つまり、乳腺の下、大胸筋の上にバッグが入るということになります。

この乳腺下法の手術で切開する部分は、乳房の下になります。それで、ほとんど傷は見えずに分かりにくいです。
また、バッグを乳腺の下に入れるという方法なので、乳腺を傷つけることはまずありません。そのため、授乳するような場合でもなにも問題はありません。
この乳腺下法だと、切開した部分の傷の回復もとても早いので、身体への負担は少ないです。それに、手術後の仕上がりも、とてもナチュラルな、自然な胸の状態になります。

しかし、この乳腺下法にはデメリットもあります。手術の担当医が経験の少ない医師の場合、乳腺を傷つけられてしまうケースがまれにあるので、これから出産する予定がある人は、とくに注意をした方が良いでしょう。

この方法だと、豊胸(バストアップ)バッグの上には、乳腺があるだけという状態になります。だから、触ると豊胸(バストアップ)バッグの感触がつたわり、手術したことが分かってしまうことがあります。被膜硬縮を起こしてバストが硬くなってしまうと、その硬縮した形が乳房の表面に出やすいこともデメリットの部分です。

また、カプセル拘縮を起こしやすいこともマイナス面です。カプセルというのは、豊胸(バストアップ)バッグの周りに形成されている被膜のことです。
このカプセルが厚くなって硬くなると、その結果、乳房が変形したり硬くなったりすることがあるのです。
このことを、カプセル拘縮といっています。

関連コンテンツ

豊胸(バストアップ)手術の種類はヒアルロン酸注入法、人工乳腺法など…

タイトル:豊胸(バストアップ)手術の種類はヒアルロン酸注入法、人工乳腺法など… キーワード:豊胸(バストアップ),象徴,ヒアルロン酸注入法,人工乳腺法,長所短所 バストは女性の象徴です。 そ・・・

プチ豊胸(バストアップ)手術…ヒアルロン酸(SUB-Q)で手軽で簡単

豊胸(バストアップ)手術には、プチ豊胸(プチ・バストアップ)手術があります。 手軽で簡単にバストアップ(豊胸)を実現する手術です。 この手術は、次のような方におすすめです。 ●バストアップ(・・・

人工乳房の種類は…シリコンバッグから生理食塩水バッグまで

豊胸(バストアップ)手術で使用される人工乳房の種類…これは、いろいろあります。 その特徴・性質をそれぞれ紹介します。 「シリコンバッグ」は、世界的に見ても、豊胸(バストアップ)手術で利用されて・・・

豊胸(バストアップ)手術での大胸筋下法は自然な仕上がり

豊胸(バストアップ)手術に人工乳腺法というのがあります。このうち、大胸筋下法とは、大胸筋と肋骨との間に豊胸(バストアップ)バッグを挿入するというやり方です。 大胸筋の下、肋骨の上にバッグを入れる形に・・・

光豊胸(光バストアップ)は光エネルギーで安全に豊胸できる

光豊胸(光バストアップ)とは、光を使った豊胸(バストアップ)技術のことです。 豊胸(バストアップ)用バッグなどを一切使用しません。 まったくメスを使わないので、体を傷つけることがなく安全です。 ・・・

人工乳房手術の危険性はカプセル拘縮など…

人工乳房とは、乳房を失ってしまった方(乳がんなどの病気で…)が、再び乳房を手に入れるために使用されるものです。 しかし、完全に安全だとは言えません。 それでは、人工乳房はどんな危険性があるのでしょ・・・

豊胸(バストアップ)手術の体験談

豊胸(バストアップ)手術の体験談…「良かった」人と、「悪かった」人の体験談を紹介します。 まず、バッグ法(*注)で豊胸(バストアップ)手術をして、満足な結果が得られた人の体験談です。 この・・・

共立美容外科の豊胸(バストアップ)手術

「共立美容外科」…ある調査で、お勧めの美容外科医院ランキング1位に選ばれたのは、この「共立美容外科」だそうです。 それでは、この「共立美容外科」医院の豊胸(バストアップ)術が、1位に選ばれた理由を紹・・・