胸を大きくする方法…豊胸・バストアップ・ナビのTOPに戻る
「胸を大きくする方法…豊胸・バストアップ・ナビ」トップ >  ■胸を大きくする手術 > 光豊胸(光バストアップ)は光エネルギーで安全に豊胸できる

光豊胸(光バストアップ)は光エネルギーで安全に豊胸できる


光豊胸(光バストアップ)とは、光を使った豊胸(バストアップ)技術のことです。
豊胸(バストアップ)用バッグなどを一切使用しません。
まったくメスを使わないので、体を傷つけることがなく安全です。
しかも、短期間で痛みがなくて豊胸(バストアップ)を手に入れることができます。
いわゆる外科的な手術ではないので、安心して受けられます。
また、脂肪注入法などの費用や豊胸(バストアップ)用バッグを使った手術はかなり高いですが、この光豊胸(光バストアップ)では比較的に安い料金で受けられるのです。
女性ホルモンのバランスが乱れ気味の方も、この光豊胸(光バストアップ)によって、改善させることもできます。

この光豊胸(光バストアップ)では、最新の美容機器を使用します。光豊胸(光バストアップ)機といいます。
光豊胸(光バストアップ)機は、特殊な光エネルギーを照らして豊胸(バストアップ)を効果的に促し、美しいバストの実現を可能にします。

光を照らすだけで、どうして豊胸(バストアップ)効果があるのでしょう。
この光豊胸(バストアップ)では、特殊な光を照らして血行を良くします。そして、その結果、新陳代謝を促進させます。
こうして、乳房内の脂肪に働きかけることで、栄養を吸収しやすくなって脂肪が膨張します。
それにより、脂肪の体積が増加してバストが大きくなるのです。
また、異物を挿入するような方法とは違って、この光豊胸(バストアップ)では豊胸(バストアップ)の持続性も格段に高くなります。

しかし、この光豊胸(バストアップ)の方法には、デメリットもあります。
それは、豊胸(バストアップ)を実現するのに数ヶ月かかるということです。
光豊胸(バストアップ)の場合、豊胸(バストアップ)バッグを挿入するわけではないので、望んでいるサイズにするのには、何度も回数を重ねなくてはならないからです。、
光豊胸(バストアップ)の施術時間は、目安として、1回約40分程度です。
そして、それを約10回施術を行なうと、だいたい3ヶ月という期間がかかるのです。

関連コンテンツ

豊胸(バストアップ)手術の種類はヒアルロン酸注入法、人工乳腺法など…

タイトル:豊胸(バストアップ)手術の種類はヒアルロン酸注入法、人工乳腺法など… キーワード:豊胸(バストアップ),象徴,ヒアルロン酸注入法,人工乳腺法,長所短所 バストは女性の象徴です。 そ・・・

プチ豊胸(バストアップ)手術…ヒアルロン酸(SUB-Q)で手軽で簡単

豊胸(バストアップ)手術には、プチ豊胸(プチ・バストアップ)手術があります。 手軽で簡単にバストアップ(豊胸)を実現する手術です。 この手術は、次のような方におすすめです。 ●バストアップ(・・・

人工乳房の種類は…シリコンバッグから生理食塩水バッグまで

豊胸(バストアップ)手術で使用される人工乳房の種類…これは、いろいろあります。 その特徴・性質をそれぞれ紹介します。 「シリコンバッグ」は、世界的に見ても、豊胸(バストアップ)手術で利用されて・・・

豊胸(バストアップ)手術の乳腺下法はナチュラルな胸の仕上がり

豊胸(バストアップ)手術の人工乳腺法には、大胸筋下法と乳腺下法とがあります。 そのうちの乳腺下法とは、豊胸(バストアップ)バッグを乳腺と大胸筋との間に挿入する方法です。つまり、乳腺の下、大胸筋の上に・・・

豊胸(バストアップ)手術での大胸筋下法は自然な仕上がり

豊胸(バストアップ)手術に人工乳腺法というのがあります。このうち、大胸筋下法とは、大胸筋と肋骨との間に豊胸(バストアップ)バッグを挿入するというやり方です。 大胸筋の下、肋骨の上にバッグを入れる形に・・・

人工乳房手術の危険性はカプセル拘縮など…

人工乳房とは、乳房を失ってしまった方(乳がんなどの病気で…)が、再び乳房を手に入れるために使用されるものです。 しかし、完全に安全だとは言えません。 それでは、人工乳房はどんな危険性があるのでしょ・・・

豊胸(バストアップ)手術の体験談

豊胸(バストアップ)手術の体験談…「良かった」人と、「悪かった」人の体験談を紹介します。 まず、バッグ法(*注)で豊胸(バストアップ)手術をして、満足な結果が得られた人の体験談です。 この・・・

共立美容外科の豊胸(バストアップ)手術

「共立美容外科」…ある調査で、お勧めの美容外科医院ランキング1位に選ばれたのは、この「共立美容外科」だそうです。 それでは、この「共立美容外科」医院の豊胸(バストアップ)術が、1位に選ばれた理由を紹・・・