胸を大きくする方法…豊胸・バストアップ・ナビのTOPに戻る

人工乳房手術の危険性はカプセル拘縮など…


人工乳房とは、乳房を失ってしまった方(乳がんなどの病気で…)が、再び乳房を手に入れるために使用されるものです。
しかし、完全に安全だとは言えません。
それでは、人工乳房はどんな危険性があるのでしょう。

体の中に人工乳房を入れた場合、体はそれを異物と認識するので、カプセル拘縮を起こしやすくなります。
最近のバッグは、安全性は高くなってきたといわれますが、カプセル拘縮の可能性が低いというだけで、100%大丈夫というわけではありません。
だから、どんなに安全といわれるバッグを挿入したとしても、カプセル拘縮が起きる可能性があることを忘れないでください。

もしも、カプセル拘縮を起こしてしまったら、乳房は硬くなって不自然な形になります。
また、痛みを伴うような時には、再手術をしなければいけないことがあります。
この再手術では、硬縮してしまった部分を人工乳房と一緒に取り去るか、別の新しいバッグと取り替えるか、という方法になります。

それでは、どれくらいの耐久性が人工乳房にはあるのでしょう。
人工乳房の外層が薄いと、破損しやすく破れることがあります。
イギリスで1990年初め頃から使用されているものは、破れにくいといわれます。しかし、破損する確率がどれくらいか、ということは、実際のところ、明確には分かりません。
破れてしまった場合でも、ほとんどのシリコンジェル人工乳房が、シリコンジェルと一緒に体内から取り除くことができます。
ところが、このシリコンが外に漏れて広がってしまった時は、シリコノマスという塊ができることがあります。
そのような場合は、激しい痛みを局部に感じます。
だから、激しい痛みを感じたら、すぐに医師に相談してください。

関連コンテンツ

豊胸(バストアップ)手術の種類はヒアルロン酸注入法、人工乳腺法など…

タイトル:豊胸(バストアップ)手術の種類はヒアルロン酸注入法、人工乳腺法など… キーワード:豊胸(バストアップ),象徴,ヒアルロン酸注入法,人工乳腺法,長所短所 バストは女性の象徴です。 そ・・・

プチ豊胸(バストアップ)手術…ヒアルロン酸(SUB-Q)で手軽で簡単

豊胸(バストアップ)手術には、プチ豊胸(プチ・バストアップ)手術があります。 手軽で簡単にバストアップ(豊胸)を実現する手術です。 この手術は、次のような方におすすめです。 ●バストアップ(・・・

人工乳房の種類は…シリコンバッグから生理食塩水バッグまで

豊胸(バストアップ)手術で使用される人工乳房の種類…これは、いろいろあります。 その特徴・性質をそれぞれ紹介します。 「シリコンバッグ」は、世界的に見ても、豊胸(バストアップ)手術で利用されて・・・

豊胸(バストアップ)手術の乳腺下法はナチュラルな胸の仕上がり

豊胸(バストアップ)手術の人工乳腺法には、大胸筋下法と乳腺下法とがあります。 そのうちの乳腺下法とは、豊胸(バストアップ)バッグを乳腺と大胸筋との間に挿入する方法です。つまり、乳腺の下、大胸筋の上に・・・

豊胸(バストアップ)手術での大胸筋下法は自然な仕上がり

豊胸(バストアップ)手術に人工乳腺法というのがあります。このうち、大胸筋下法とは、大胸筋と肋骨との間に豊胸(バストアップ)バッグを挿入するというやり方です。 大胸筋の下、肋骨の上にバッグを入れる形に・・・

光豊胸(光バストアップ)は光エネルギーで安全に豊胸できる

光豊胸(光バストアップ)とは、光を使った豊胸(バストアップ)技術のことです。 豊胸(バストアップ)用バッグなどを一切使用しません。 まったくメスを使わないので、体を傷つけることがなく安全です。 ・・・

豊胸(バストアップ)手術の体験談

豊胸(バストアップ)手術の体験談…「良かった」人と、「悪かった」人の体験談を紹介します。 まず、バッグ法(*注)で豊胸(バストアップ)手術をして、満足な結果が得られた人の体験談です。 この・・・

共立美容外科の豊胸(バストアップ)手術

「共立美容外科」…ある調査で、お勧めの美容外科医院ランキング1位に選ばれたのは、この「共立美容外科」だそうです。 それでは、この「共立美容外科」医院の豊胸(バストアップ)術が、1位に選ばれた理由を紹・・・